Find
Findメニュー
マイページ



Full timeさん

日記

日記

日記一覧


野球チームを作ろう・監督

監督がいなければ野球は始まらない、
指示を出さなければ選手は動かない、
選手起用は監督が決める、監督が全ての
采配を振るう、とは決まっていない。
いなくても良いとは言い過ぎだが、監督
の仕事は決まっていない。どこまでの
権限を監督が持つか、試合中にどこまで
監督の指示を仰ぐかは、それぞれの監督
次第で人によって異なる。投手起用や
投手交代は投手コーチに一任する。作戦
はヘッドコーチに任せる。スタメンは
打撃コーチが決める。役割分担はチーム
それぞれなのだ。ただ結果の責任は必ず
監督が負わなければならない。だから
監督にはチームを育てチームを強くする
責任がある。勝つ為の手段として最善の
役割分担はいかなるものかを見極め、
見定め、決定する責任があるのだ。
全ての権限を監督が持つ、勿論にそれも
ひとつの手段だ。どちらにせよ責任の
重さは変わらない。手段は問われない。

ラミレス監督について、これまで多くの
感想を書いてきた。かいつまむと、
ラミレス監督は柔軟な発想転換が出来る。
誤りやミスを認め対応する。特に1年目、
開幕直後は継投ミスが相次いだ。監督は
選手個々の特徴を把握していなかった事
を反省し、次に生かしている。2年目は
メンバーを固定し、3年目は激しい競争
を促した。時には柔軟に時には頑固に。
監督として新米であり、当然に試行錯誤
が繰り返される。その中でベストを模索
し、変化を遂げて来た。それが必ずしも
進化へ繋がらなかったのも事実だろう。
しかしながら、組織のトップが、公に
自らの過ちを認め、部下を責める事は
一切にせず、信念は曲げずに、前進する
姿勢は、僕の経験上は稀なトップだ。
懸念としては、役割分担の部分であり、
ラミレス監督には、強く進言するタイプ
のコーチや参謀が必要だろう事があった。
続投を要請した南場オーナーの言葉に
僕の感想なんぞは凝縮されている。
「ラミレス監督は毎年戦い方が変化をして
いる。トライをした結果を受けて方針を
変えられる。過去の成績を見て、安定的に
Aクラスを狙える」続投要請をした理由。
そしてコーチ人事でサポートをした。
僕の好きな南場オーナーの言葉、
「すでにある正解を探す癖は、常識の枠を
超えて事業を発展させる際に邪魔になる」
A.ラミレスという人財は正に得ている。
そして続投要請を受けてのラミレス監督
「私が変わらなければいけない」とし、
コーチとのコミュニケーション不足や、
8番投手の打順も再考する事を認めた。
コレを受けて批判を蒸し返すのは簡単だ、
ラミレス監督も覚悟の上で認めている。
僕は思う。こんなトップと道を歩みたい。
4年目、次はどんな変化を見せるのか。
楽しみでしかない。次回はチーム方針。
2018/10/13 00:02
いいね! ファイト!



土佐酔鯨さんがいいね!と言っています。
2018/10/13 19:12

 
Full timeさんのプロフィール




Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers