Find
Findメニュー
マイページ



ポッチャンさん

日記

日記

日記一覧


時代。。。



おはようございます(照)


時代が
爺の周りを
過ぎていくなか

ふっと
こんな詩に出逢った。。。



好きな人の
家に電話かけて

誰が出るかわからない
あの緊張は覚えてる

行きたい場所へは
地図であらかじめ
チェックして

時刻表は
お財布に入ってて

あとは
道を尋ねれば行けた

待ち合わせの
時間に来なかったら

先に行ってるって
駅の伝言板へ

電車で綺麗に
小さくたたんで
新聞読める人が

なんか
かっこよかった

どんどん便利に
なったから

どんどん面倒が溢れて

でも全然人の心は
いつまでたっても
便利にならない

「教育」の
線引きの多くは
「体罰」となり始めた

ご近所と
顔馴染みだった時代

人間関係に悩む時代

あれ あれ?

その境目を
この目で見ていた

あれ あれ?

「大切なこと」

料理みたいな
ラジオみたいな
レコードみたいな
ものかな

部屋には1人なのに
誰かに触って話した
ような

手紙みたいな
新聞みたいな
万年筆みたいな
ものかな

1人なのに
誰かに触って話した
ような

携帯がない そんな時代

知ってる
最後の世代かもしれない

手間は
ちゃんと真心になる

そんなこと思いながら
ビニールをとった新聞は

読み終わると
うちの猫のおやつを
置くお皿になった

2018/04/17 07:13
いいね! ファイト!



明日香のパパさんがいいね!と言っています。
2018/04/17 14:15

蒲公英(ぽぽ)さんがいいね!と言っています。
2018/04/17 11:36

ふみかさんがいいね!と言っています。
2018/04/17 10:38

万華鏡さんがいいね!と言っています。
2018/04/17 07:32

エチゴノジジさん
昔は、彼女に電話するのも緊張していた、誰が出るのか?
親父さんが出ると怒り声の様に感じ…。
離れた人とは、文通が流行った一ヶ月に二通ぐらいのやり取り、そんな時代に育った私だから良く判る話です。
2018/04/17 07:23

エチゴノジジさんがいいね!と言っています。
2018/04/17 07:18

 
ポッチャンさんのプロフィール




Findメニュー


▲ページTOPへ

お知らせ 利用規約
特定商取引法に基づく表記
お問い合わせ
Find連携サイト
サッカー 競馬 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能
(c)NetDreamers